後遺症

   

宝塚市にお住いの皆様、このようなお悩みはありませんか?

  • 後遺症を残さないために
  • 痛みで諦めていませんか?
  • 自賠責保険適用で治療が受けられます

後遺症を残さないためには

宝塚市のお住いの方で交通事故の負傷で悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

今は四人に一人が交通事故に遭うと言われている時代ですし、全く他人事ではなくなってきました。

特に宝塚市は若者やお年寄りが多いので事故が多いのではないでしょうか。

 

後遺症ついて

交通事故が起こり怪我をした場合、基本的には自賠責保険や相手の保険会社さんの負担で治療を受けるのが一般的です。

しかし、その治療も無制限に受けられるわけではなく、三か月~六か月ぐらいまで期間を定めて行われる場合が多いです。

 

問題を挙げると、三か月~六か月という期間は完治を保証する期間でも何でもない為、治しきることが出来ずに何かしらの不調が残ったまま通院終了する方が多いです。

そこで、概ね半年以上経過しても治癒しない障害が残る場合はそれが後遺障害として認定できるものかを判別する手続きに移っていくことになります。

 

後遺症として多いのがむち打ちや骨以外の軟部組織と言われる場所の損傷です。

こういった障害の難しいところは、腕の欠損や麻痺などと違って症状が目に見えて判断しにくい点です。

レントゲンやMRIなどを使って検査しても特に異常なしとの診断をされることも多々あります。

実際に身体が痛くて仕事や生活に支障が出ている被害者からすればたまったものではありませんよね。

整形外科や病院から冷たい対応をされて宝塚市のみならずやや遠方からわざわざ通って頂ている方もいるぐらいです。

 

後遺障害の認定のための手続きを等級認定手続きと言いますが、これは何度も申請し直しや異議の申し立てができます。

 

自分の感じている痛みよりも不当に低い等級と判断された場合や、そもそも後遺障害認定が下りなかった場合は、新たな角度から見た検査結果や資料を添付することで結果が変わる可能性が大いにあります。

 

大前提としてきちんと治療できるのが最善ですが、交通事故によって起こる負傷にはどうしても数年単位の時間がかかってしまうような物もあるため、後遺障害認定は非常に重要です。

 

慰謝料に関しては請求した全額が支払われるとは限りませんが、弁護士さんの力を借りることで是正されることが多いです。

 

認定された等級によって慰謝料も大きく変わって来るため、専門の医師や治療家の知識を活用して頂き、被害者様にとって最善結果を目指しましょう。

 

後遺症を防ぐためにもとても大事なことがあります。

それは・・・早期治療になります。

当院にご来院頂いたあとは宝塚市の病院で診断書の発行を依頼しましょう。

 

★交通事故治療では最初の3か月が大切です!!

 

早期治療を行わないと治療が打ち切られたり、後遺症のリスクが上がってしまいます。

首のむち打ち症や腰痛はしっかり完治させないと、痛みが長期化・慢性化してしまい日常生活に支障を及ぼします。

早期治療を大切にして、早く回復を目指し、後遺症にならないように継続通院することを心がけましょう。

 

お陰様で皆様からたくさんの口コミやご紹介を頂き、地域全域、中でも宝塚市の方からたくさんご来院頂いております!

 

交通事故治療を受けられる整骨院をお探しの方は、当整骨院にご連絡下さい。