休業損害

   

宝塚市にお住いの皆様、このようなお悩みはありませんか?

  • 休業時は補償が受けられます
  • 専業主婦でも補償が受けられます
  • お悩みがあればご相談ください

休業補償について

宝塚市にお住いの方で身の回りで交通事故に遭われて困っていらっしゃる方は居ませんか?

☑事故の怪我で体がつらい

☑車やバイクが壊れてしまって困っている

☑働けなくなってしまったためお金の心配がある

☑きちんと償ってもらえるのか不安

今は一生で四人に一人は交通事故に遭うといわれている時代です。

もはや他人事とは思えないですよね。

特に宝塚市はお年寄りや若者が多いので事故が多いのではないでしょうか。

被害者様にとって最良の結果を出せるようにするための知識を発信しているので最後までお読みいただけたら幸いです。

本日は交通事故に遭った際の休業損害についてお話していきます。

 

休業補償

 

休業損害とは、事故によって起こった怪我のせいで働けなくなったり、通院のために仕事を休まなければ行けなかった日数分支払われます。

 

休業日数は、事故により仕事を休まざるを得なくなった日数のことであり、入院期間や実際に通院した日数とされることが多いです。

有給休暇を取得した日も休業日数として認められます。

ただし、治療のために必要な通院であったと言えなければ休業損害の対象とはなりません。

また、自己判断で欠勤して家で休んだ場合も、休業損害の対象とならない可能性があるので、注意してください。

休業損害をもらえるのは、「就労不能期間」までです。

就労不能期間とは、交通事故によるケガのために休業の必要性・相当性が認められる期間のことです。

就労不能期間は最長で治癒または症状固定まで、つまり治療が終わるまでとされますが、個別事情によって異なるので明確な基準は存在しません。

たとえば、比較的軽傷のむちうちだと、就労不能期間は長くても交通事故から90日程度までと判断される可能性が高いです。

医師の診断書に働くことが難しい旨の記載がないと、就労不能とはいえないと判断されて休業損害をもらえない可能性があるので、注意してください。

出来るだけ早いうちに宝塚等お近くの病院で診断書をもらいましょう。

 

具体的な金額は職種によって算定方法が違いますが、基本的には過去の収入を元に稼働日数と実際休んだ日数を調べて、会社の方から休業損害証明書を発行してもらって計算します。

しかし、各種手当等は請求が認められにくい点や、アルバイト等の方は一年以上勤めていないと請求が通りにくい等の問題があります。

無職の方や年金で暮らしていらっしゃる方も減給がないため補償もありません。

一応専業主婦の方には主婦休業損害補償があるのですが、こちらは休業期間全ての分が支給されるとは限りません。

宝塚市に限りませんが、公務員の方は有給休暇等の兼ね合いで給与の減少が少ない傾向にあるため、請求も少なくなってしまうことがあります。

また、会社役員の方も労働とは関係ない役員報酬として支払われている分に関しては事故の影響はない物として扱われてしまうことがあります。

小規模な会社で労働者としての側面が強い場合は認められる場合もあります

例外的なケースとして、仮に事故当時無職だったとしても、内定が出ていた場合等、仮に事故が無ければ働いていたであろう期間等が客観的に証明されるケースでは請求が認められる事があります。

このように難解な請求が多い為、是非とも専門家の知識を借りて被害者様にとって最良の結果となるよう務めて行きましょう。

基本的には休業補償6100円~19000円程/日に支払われます。

 

お陰様で宝塚市を中心に泉州地域全域からたくさんの患者様にご来院頂いております!

当整骨院には交通事故対応に特化したスタッフが在籍しているため、分からない事、気になることなどなんでもお気軽にご相談下さい!